HOME     ARCHIVE   ARTISTS   LABEL   STUDIO   BLOG   LINK   MY SPACE
Artists
Numb
Saidrum
Takuya Nakamura
Sokif
Draco
Numb & Saidrum
 

Numb / Biography

imgArtist01.jpg imgArtist01.jpg imgArtist01.jpg
90年代初頭より、節操無くHiphopからTechno、House、Electronica、Industrial等を吸収した、独特でカオティックなエレクトロニック・ミュージックを放ち続けている。1995年、CALMと共にレーベルKARMA MUSICを立ち上げ、シングル「FILE#2 /深脳」をリリース。1997年にはレーベル、リヴァースの立ち上げに携わり「BEGINNING OF THE END」 「ILLFUSION」「89」といった12インチシングルをリリースする。そして、2002年にはファースト・アルバム『NUMB』を、2003年にはライヴ・アルバム『東京』、2006年、セカンドアルバム『空kuu』をリリースする。そして、ライブ・パフォーマンスに於いても国内外での評価が高い。最近では、ジャズ・ピアニストの坪口昌恭のリーダーユニットである、東京ザヴィヌルバッハへの参加や、吉見 征樹 (タブラ) +井上 憲司 (シタール) + Saidrumとのユニット、そしてSaidrum、エンジニアのTakuyaNakamuraと共に、音楽制作集団"ekounesound"を主宰するなど、様々な活動を繰り広げている。   Numb is a musician who have been influential in Japanese Electronic music since the early 90's. He use "Reaktor", the modular software synthesizer to generate rhythms, sounds and perform FX and MIDI variations in real time (like a dub engineer!). Numb has released 3 solo albums, (2002 "Numb", 2003 "Tokyo", 2006 "Kuu") and also many 12 inch singles. His solo performances are critically acclaimed internationally. He has played BATOFAR in Paris, SONIC LIGHT in Amsterdam, Roskilde Festival in Denmark, Future Sound Of Jazz Festival in Denmark, FUJI ROCK FESTIVAL in Japan, METAMORPHOSE in Japan, and much more. Numb has been writing about the Reaktor for Japanese "Sound & Recording" magazine for 4 years. Numb come Tokyo, a city inundated with information and influences from music styles from the world and were especially influenced by electronic music. They absorbed elements of HipHop, Techno, House, Electronica and Industrial to create a deep sound which combines peace and stillness with sharpness and violence. Numb create unique and inspiring electronic music.