HOME     ARCHIVE   ARTISTS   LABEL   STUDIO   BLOG   LINK   MY SPACE
Takuyablog
saidrum
 
AMDの新しいプロセッサなど...
July 07 Tue, 2009 (Diary)
 
今使ってるPCはデスクトップが自作のOpteronデュアルなんですが、
作ったときは相当速く感じていたものの、今の時代にはちょっと時代後れ感が強くなってきました。
どっちにしてもWindows7が出るまでは買い代える気は無いんですがね。
AMDの
Opteron2427」というプロセッサはなんと6コアだそうです。
週刊アスキーで読んだんですけど、こいつをデュアルで使って、
つまり12コアで使ったりも出来るみたいです。
三河屋のサブちゃんもびっくり! コア、1ダースです。

ここまでくるとなんか「レモン1000個分のビタミンCが入ってます」みたいな感じで
ありがたみが若干薄れていくのは、自分だけでしょうか?

まあ、サーバー用なんでDTMに使えるかどうかはインターフェースの相性やら何やらで、
わからんのですが、どんだけ
いのかは気になるところ。
といってもストレージのスピードも上がらないといまいち感はでるんですかね?
やっぱSSDなら平気なんでしょうかね。
速けりゃいいってもんでもないんでしょうが、速いに越したことは無いですからねぇ。
自分はそこまでPCに強くないので、自作って色々調べることが多いし次はBTOでって思ってます。

そういった速いCPU乗せたPCなら近頃流行のM/S系のEQとか
全チャンネルに挿しても平気で動くですかね? 全チャンネルに挿す必要はないと思うんですけども。
そもそもM/S系のEQって重いの? 自分はOzone4しか使ってないからわかりません。
こないだ試しにサミングアンプに送るアウトのステレオ4つ分に挿してみたらちょっと厳しかったです。
M/S系のEQといえばbrainworxのとかすっごい気になってます。
他にもメインDAWをNUENDOからSamplitudeへ乗り換えようか検討中。
でも、Cubese5も魅力的。
AbeltonLIVEも今更ながらちゃんと使ってみたらすこぶる調子が良い。
LIVEにしろAICDにしろループシーケンサーって一回使うと、あの楽さにやられてしまいますな。


ソフトウェアやそれを動かすハードもどんどん進化しているのは喜ばしいことですが、
時代の変化に財力がついて行けねぇっす。