HOME     INFO   ARTISTS   LABEL   STUDIO   BLOG   LINK   MY SPACE
 
April 09 Wed, 2008 (Release Info)
 
imgDisc01.jpg
DRACO / ZERO

KENJI Inoue [SITAR]
Masaki Yoshimi [TABLA / INDIAN PERCUSSION / VOICE]
NUMB [ELECTRONICS / EDIT]
SAIDRUM [ELECTRONICS / EDIT]

syzc-01
Label : VINYLSOYUZ
DISTRIBUTION : Lastrum Music Entertainment

2006年にリリースされた『BOYCOTT RHYTHM MACHINE2 VERSUS』からおよそ1年半。7つの戦いの中でもっとも熱く支持された対戦の一つ『NUMB+SAIDRUMvs吉見征樹+井上憲司』。奇跡のセッションの後、意気投合した彼らは、KAIKOO VOL4 @ shibuya AX・渚音楽祭2007秋、でのライブを経て、遂にバンドとしてのファーストアルバムを世に送り出す。
バンド名『DRACO』は、北天の空に雄大に輝く"りゅう座"の意。
タイトルはインドで初めて数としての"0"の概念が確立された事から『ZERO』と名付けられた。

変幻自在のビートを操り、トラックを構築し、長くダンスミュージックシーンで鍛え上げてきた音像空間構成能力を発揮して、楽曲の編集をも今作で全て手掛けたNUMB+SAIDRUM。時にエレキの様に、フラメンコギターの様に、三味線の様に......シタールのみで様々な要素を併せ持つかのような音色と旋律を奏でる井上憲司。あらゆるビートに寄り添い、時には叱咤し、愛し、別れを告げ、、変幻自在にその感情をタブラと一体になって表現する、日本タブラ界のオリジネーター的存在、吉見征樹。

西洋(エレクトロニクス)と東洋(タブラ/シタール)が此処極東・東京で異種交配され、一匹の竜(DRACO)と成って、かって誰も味わった事の無いダンスミュージックを産み落とした
..........................................ZERO?...ゼロとは何んだ?...無いと言う事か?...ゼロを発見した?...無いと言う概念が有ったのか?.........だとするとあの寺院には無いはずの紅蓮華がある事になる...obscure。モドキはそれから何百年ものあいだ考えこんだ...HUUM、そしてウルポタ、と涙を落とした。そしてやせ細った身体で、革のBEIRUTを締め上げた。そして一句...古池や、坊主飛び込む未知の音。.........こっ、これはDRACOだ!新しい彗星 Dhaa!!!

Draco myspace
http://www.myspace.com/draco0

April 02 Wed, 2008 (Release Info)
 
sweet-metallic.jpg

TOKYO ZAWINUL BACH
SWEET METALLIC

坪口昌恭 (Masayasu Tzboguchi) :Keyboards, Computer("M" on Macintosh)
菊地成孔 (Naruyoshi Kikuchi) :Alto & Tenor Sax (M-1, 2, 3, 5, 7, 9)
三沢 泉 (Izumi Misawa) :Percussions
NUMB :Electronics (Effect)
Yosvany Terry Cabrera :Soprano & Alto Sax (M-4, 6, 8, 9), Shekele (M-6, 9)